地籍調査事業

地籍調査とは、主に市町村が主体となって、一筆(※)ごとの土地の所有者、地番、地目を調査し、境界の位置と面積を測量する調査です。 「地籍」とは、いわば「土地に関する戸籍」のことです。 各個人には固有の「戸籍」という情報があり、様々な行政場面で活用されているのと同様に、土地についても「地籍」の情報が行政の様々な場面で活用されています。地籍調査が行われることにより、その成果は登記所にも送られ、登記簿の記載が修正され、地図が更新されることになります。 また、固定資産税算出の際の基礎情報となるなど、市町村における様々な行政事務の基礎資料として活用されます。

基準点測量

基準点とは、地球上の位置や海面からの高さが正確に測定された電子基準点、三角点、水準点等から構成され、地図作成や各種測量の基準となるものです。
これらの基準点は、すべての測量の基礎として、公共測量、地籍測量、地殻変動観測等に使用されます。弊社ではGPSを使った世界測地系に対応した基準点測量が可能です。

地形測量(平板測量)

国地形測量とは、地球表面上の自然的及び人工的な状態を正確に測定して、地形を図示した地図すなわち地形図を作成する測量です。測量の性質上から見れば、平面的な位置関係を求める測量と同時に高低測量を兼ねたものです。現地で測った点を展開し、同じ高さを結んだ線が等高線(コンター)、同じ属性を持つ点を結んだものが、例えば建物、或いは側溝、垣根、ガードレールなどになります。出来た地形図は図化されますがそれを平面図(地形図)と呼びます。弊社では福井コンピュータのブルートレンドを使用して3Dの平面図を作成します。

路線測量

路線測量とは,道路,水路等の新設及び改良のために調査,計画,実施設計に用いられる基礎資料を作成する測量で、線形決定→仮BM設置測量→中心線測量→縦断測量→横断測量→用地幅杭設置測量の準に行う測量です。

用地測量

用地測量とは、測量地区を管轄する法務局等で調査した公図・既存測量図等をもとに、地番ごとの境界点を現地で確認し、測量することにより、地番ごとの面積を算出するとともに、必要な諸資料を作成します。各市町村の法務で土地の登記簿を調査し境界杭を復元します、復元された境界杭を確認してもらう為に隣接土地所有者様との境界確認を行います、境界確認で合意が得られた境界杭をトータルステーションで観測する事により正確な面積を算出します。

各種台帳作成

社会基盤に関連する資料・データの整備は、単にその管理のみならず、防災や都市計画策定にも不可欠なものとなっています。 当社では、これらの情報管理について必要な調査・測量を行うほか、地理情報システム(GIS)の活用等も提案しております。